オプションは外して廃車

*
廃車手続きマニュアル > 廃車に必要な知識 > オプションは外して廃車

解体するならオプションを外さないともったいない

自動車にオプションパーツを後付けしている場合、なるべくなら取り外して廃車にするようにしましょう。一時的に使用しない場合の一時抹消登録を行うのであれば、自動車が手元にあるのでよいでいつでも取り外し可能ですけど、解体処理する場合は、装着したままスクラップでは本当にもったいないです。

 

自動車のオプションパーツの代表であるアルミホイールやタイヤ、ナビゲーションシステム、カーオーディオなどは、廃車以降使う自動車を持たなくても買取りしてくれるお店はあちらこちらにあります。

 

自動車の整備の知識があれば簡単にいくようなことも、専門外であればちょっと無理っぽいという場合もあるでしょう。そんな時は、やっぱり上記のような買取りをしてくれるお店に相談してみるのもよい方法です。業者さんに取り外しをしてもらうということは、取り外すための工賃も当然発生することになります。買い取り価格ばかり気にせずに、こちらの工賃がうやむやにならないよう、はっきりした金額で聞いておく必要があるかと思います。

 

また、廃車をして自動車を新たに自動車販売店から購入するのであれば、そちらに相談するのもアリです。販売店側としては、自動車を買ってもらわなくては話になりませんから、多少の無理は聞いてもらえるはずです。

その廃車ちょっと待った!数分の入力作業でちがいがでる可能性があります。もしかしたらあなたの車は価値があるかもしれませんよ!⇒⇒⇒自分で廃車する前にガリバーで買取の見積りを!

オプションは外して廃車関連ページ

車検切れの移動は仮ナンバーで
廃車した自動車の復活